愛知県立一宮商業高等学校の公式ホームページ

学校案内
Guide Line

ホーム > 校長挨拶

校長ご挨拶


       着任のご挨拶

       愛知県立一宮商業高等学校長 小川 芳範

 はじめまして、本年4月に愛知県教育委員会から校長に着任しました小川芳範といいます。どうぞよろしくお願いいたします。
 一宮市在住ですが、尾中地区(一宮市域)の学校には初めての勤務です。何か故郷に帰ってきたような気持ちです。

 さて、本校は昭和13年(1938)に愛知県一宮商業学校として創立された尾張地区唯一の単独商業高校で、来年、創立80周年を迎える県内屈指の商業高校です。県立の単独商業高校は9校ありますが、昭和前期までに愛知県が設置した商業高校は、大正8年(1919)開校の愛知県立商業学校(現、愛知商業高等学校)、大正15年(1926)開校の愛知県半田商業専修学校(現、半田商業高等学校)と本校の3校だけです。
 「至誠一貫」「質実和楽」「感謝報恩」を校訓に掲げ、思いやりに富み、健康かつ勤勉な人間を育成し、国家・社会の担い手としての自己実現を援助するとともに、将来有為な産業人を育成し、また知・徳・体・技の錬磨に努めるとともに.その調和と一体化を図っています。

 本校には、国際ビジネス学科、経理科、情報処理科の3つの学科があり、1年次には共通した教科・科目を履修・修得し、2年次から進路希望、興味・関心及び適性等により各科に分かれます。国際ビジネス科には、進学希望の生徒に向けて国語と英語の単位を10単位分増加した進学コースを設置しています。 
 特色ある教育活動としては、一宮商工会議所による「一宮モーニング博覧会」、いちい信金による「お菓子フェア」に毎年3年生が出店しております。
 また、生徒の進路希望の幅を広げるとともに、その実現に応える取組としては、修文大学、愛知文教大学、名古屋文理大学及び朝日大学との高大連携による講義受講や単位取得等に取組んでおります。さらに、特筆すべきものとしては、高崎商科大学との高大連携により、日商簿記検定1級取得を目指す「Haul-Aプロジェクト」に挑戦する生徒がおります。これらの取組を通して、本校生徒には大きな目標に向かって挑戦する心意気が醸成されていると思います。およそ1万人に一人の達成率である全国商業高等学校協会主催の検定で、全9種目1級に合格する生徒を3年連続で輩出し、全国で史上5校目という快挙を成し遂げています。

 今後も、本校教育活動の一層の充実を図ることにより、生徒にとって「行きたい学校」「行って良かった学校」、保護者にとって「行かせたい学校」「行かせて良かった学校」、地域にとって「応援したくなる学校」「応援して良かった学校」の実現に向けて、教職員一同努めていきますのでよろしくお願いいたします。
ページの先頭へ