愛知県立一宮商業高等学校の公式ホームページ

学校案内
Guide Line

ホーム > 沿革・正門の変遷

沿 革

一宮商業高等学校の沿革(歴史)

  • 昭和13年03月 愛知県一宮商業学校創立
           (一宮市浅野地区・当時丹羽郡西成村)
  • 昭和15年03月 浅野校舎(現南部中校地)へ全面移転
  • 昭和19年04月 学制改革により愛知県一宮工業学校となる
  • 昭和20年07月 一宮空襲により校舎焼失
  • 昭和21年04月 愛知県一宮商業学校に再転換
  • 昭和23年04月 新学制により愛知県立一宮商業高等学校となる
  • 昭和23年09月 一宮高等女学校跡地(現在の校地 一宮市文京2)に移転
  • 昭和24年04月 一宮高等学校に統合され、一宮高等学校商業課程となる
  • 昭和25年04月 一宮高等女学校跡地(現在の校地)に
           一宮高等学校分校として再移転
  • 昭和26年04月 愛知県立一宮商業高等学校として独立
  • 昭和53年04月 小学科設置(経理科2 商業科6学級)一括募集360名 45人学級
  • 昭和61年04月 情報処理科設置(経理科2 商業科4 情報処理科2学級)
            一括募集376名 47人学級
  • 昭和63年10月 創立50周年記念式典挙行
  • 平成05年04月 7学級(経理科2 商業科3 情報処理科2)294名募集 42人学級
  • 平成07年04月 40人学級 280名募集
  • 平成08年04月 国際経済科設置
           (経理科2 商業科1 情報処理科2 国際経済科2学級)
  • 平成14年04月 商業科募集停止
           (経理科2 情報処理科2 国際経済科2学級)240名募集
  • 平成16年04月 経理科2 情報処理科2 国際ビジネス科2学級 240名募集
  • 平成20年10月 創立70周年記念式典挙行
  • 平成21年02月 施設整備(改修)北館(東側)耐震補強
  • 平成22年02月 施設整備(改修)北館(中側)耐震補強
  • 平成22年04月 生徒募集人員 280名 7学級(40人学級)
  • 平成23年04月 生徒募集人員 240名 6学級(40人学級)
  • 平成24年02月 施設整備(改修)南館耐震補強
  • 平成24年10月 施設整備(改修)本館耐震補強
  • 平成25年10月 施設整備(新設)弓道場防矢ネット
  • 平成26年09月 施設整備(改修)北館(西側)耐震補強
ページの先頭へ

正 門 の 変 遷

一宮商業高等学校 正門の変遷

<1.間借り時代の第五小学校正門>
間借り時代の第五小学校正門
<2.浅野校舎正門>
.浅野校舎正門
<3.校舎戦災にも残った正門>
校舎戦災にも残った正門
<4.浅野校舎復興後の正門>
浅野校舎復興後の正門
<5.一宮高女跡の宮西(九品地)校舎正門>
一宮高女跡の宮西(九品地)校舎正門
<6.統合時代、一宮高校正門>
統合時代、一宮高校正門
<7.今はなき現在地木造新校舎と正門>
今はなき現在地木造新校舎と正門
<8.現鉄筋校舎と正門>
現鉄筋校舎と正門
ページの先頭へ